ニュイ・ブランシュ
KYOTO 2016

~パリ白夜祭への架け橋~

-現代アートと過ごす夜-

「ニュイ・ブランシュ(白夜祭)」は、パリ市が毎秋行う一夜限りの現代アートの祭典です。
パリの姉妹都市・京都では、今年も日仏の現代アートを楽しめる「ニュイ・ブランシュ KYOTO」を市内各所で開催。パフォーマンスや展示、プロジェクション・マッピングなど、多彩なプログラムを夜間、無料でご覧いただけます。
「現代アート×伝統工芸」をDNAとして継承しつつ、今年のニュイ・ブランシュがテーマとするのは「デザイン」。さらに、開催6年目にして初めて、パリのニュイ・ブランシュと連携したプログラムを、二条城を中心にお届けします。
ニュイ・ブランシュKYOTOでしか体験できない、夜のアート散策をお楽しみに!

パリのニュイ・ブランシュと初連携

パリのニュイ・ブランシュでは今回、15世紀にイタリアで出版された『ポリフィルス狂恋夢』がモチーフとして取り上げられます。主人公のポリフィーロが夢の中で恋人のポーリアを探し求めるこの物語に着想を得た作品づくりを行っているのが、ニコラ・ビュフ。パリのニュイ・ブランシュに招聘された気鋭のアーティストが、京都のニュイ・ブランシュにも登場します。京都とパリのニュイ・ブランシュが初連携!

2016年10月1 日(土) 京都市内各所で実施

入場無料

  Facebook NuitBlanche 2016